スポンサーリンク

【ディズニーランド】ファストパスの裏技を徹底攻略!!

スポンサーリンク

皆さんディズニーランドにはアトラクションの待ち時間を短縮し、スムーズに乗ることができるようになるチケットがあることはご存じでしょうか🤔

その名も『ファストパス』 

すでに何度か行ったことのある人なら使ったことがあると思います。

実はファストパスには裏技が存在するんです!

今回はその裏技について詳しく説明していきます。

【ディズニーランド】ファストパスについておさらい

https://www.instagram.com/p/BsVOYTxANiD/?utm_source=ig_web_copy_link

ファストパスとは?

まずはおさらいです。

ファストパスは冒頭でも言ったようにアトラクションの待ち時間を短縮できるチケットのことで、

簡単に説明すると誰でも無料で取得できる優先乗車券のことです。

これがあれば混雑時に何時間も待たされることなくアトラクションを楽しむことができます!

どうやってとるの??

では、どこでどうやってとるのか。

取り方は簡単で発券機が目当てのアトラクションの近くに設置してあります。

その発券機に、入園の際に使用した入園パスポート(パークチケット)を差し込むだけです!!

ファストパスを発券するときはおひとり様1枚までです。

注意点

ファストパスは一度発券すると2時間経過しなければ次のパスを発券できません

アトラクションごとにファストパスの発券枚数は限られているので乗りたいアトラクションのファストパスを優先して発券するのがおすすめです。

ファストパスは時間指定ができず、発券した人から先着順で朝から夜の時間帯に時間が指定されます。

ですので発券が最後のほうになるとファストパスに記載されている使用可能の時間帯を夕方~夜の時間に回されてしまいます。

そうすると早い時間で帰ろうと思っている方が発券したファストパスの使用可能時間が来る前に帰る時間になってしまいますので注意してください。

【ディズニーランド】ファストパスの裏技!!

小ネタ アプリで発券

いままで開園と同時に目当てのアトラクションのファストパス発券機に向かって急いで向かっていたのですが、なんと2019年7月からアプリでファストパスを発券することができるようになりました😆

スマホの方はアプリのファストパスの項目を選択し、入園パスポート(パークチケット)のバーコードをかざすだけで発券できます!!

さらに電子パスポートの方はかざす動作もいりません!楽ちんですね😁

↓アプリを使った人の口コミ

取得時間制限の裏技

注意点で説明したファストパスの発券後2時間の取得制限ですが、1日のうちそれが適用されない時間帯が存在します。

それはズバリ。。。『開園直後の時間』です!!!!

開園直後の時間なら開園状況にもよりますが2時間経過しなくても次のファストパスを取得できることがあります!!

ただし、開園してから間もない時間で通常の2時間制限になってしまいます。

なのでこれにはあまり期待せず、とれたらラッキー程度に頭の片隅に置いておいてください🙄

アプリの裏技 キャンセル拾い(アプリ版限定)

通常、ファストパスの発券が終了するとその後発券することはできませんでした。

ですがなんとアプリ版限定で発券終了したアトラクションのファストパスを誰かがキャンセルした場合、そのファストパスを取得することができるんです!

なので列に並んでいる時間にほかのアトラクションのファストパスを確認しておけばチャンスが来るかもしれないんです!!

しかし発券などでアプリを使う場面が増えてしまいますのでバッテリーの残量に注意しておくか、モバイルバッテリーを用意しておくといいかもしれませんね😜

『【ディズニーランド】ファストパスの裏技を徹底攻略!!』のまとめ

いかがでしたでしょうか??

紙のファストパスのために開園後急いで向かって汗だくになったりしていましたが、時代が進みアプリを使うことでスムーズに取得できるようになりました。

どんどん時代が進むにつれ、さらに便利なサービスなどが登場してくれるのが楽しみですね!!

これからも時代の流れに沿ってより楽しみやすくなったディズニーで思う存分楽しみましょう!

それではまた👋

広告